【アロマ-VOL.2】「足のむくみを軽減するアロマ足浴」-岸秀之


「足のむくみを軽減するアロマ足浴」

 足のむくみや疲れを訴える高齢者の方は少なくありません。
働く介護士さんたちも一日働いたあと、靴がきつくなったりするなど脚がむくんだり、ふくらはぎの違和感があったりして就寝中に足に枕を入れている方もいらっしゃると思います。
今回は、足のむくみを軽減するカンタンなアロマ足浴法をお伝えします。

準備するもの
・フットバス(専用のフットバスがない場合は、段ボールなどでも代用できます。その時は、ビニール袋を何枚も重ねて行うとお湯漏れが安心です)
・バスタオル2~3枚(ひざ掛け用とフットバスの下に敷くもの)
・フェイスタオル1~2枚(フットバス後に足をふくもの)
・大きめのビニール袋1枚(感染予防、保温)
・バスソルト(天然塩スプーン1杯に精油1~2滴ほど)

アロマ足浴法
1、フットバスにビニール袋をしいて、お湯をいれます。
2、お湯の中にバスソルトを入れて良くかき混ぜます
(足に傷があったりする場合は、バスソルトのお塩でしみることがあるので注意してください)
3、床にバスタオルをしいて、その上にフットバスを置きます。
4、お湯の温度を確かめながら静かに足を入れます
5、ビニール袋を膝を覆い、バスタオルでひざ掛けをします。
6、お湯が冷めるようでしたら足にかからないように差し湯をします。
7、約10分後静かにフットバスから足を引き上げ、フェイスタオルでふき取ります。


足のむくみ軽減お薦めの精油

・サイプレス・・・リンパ鬱滞改善や利尿作用があります。
・グレープフルーツ・・・リンパ鬱滞改善や血行促進作用があります。
・レモン・・・リンパ鬱滞改善、鬱血改善、利尿作用があります。
*柑橘系は塗付後日光にあたるとシミや発赤などの原因になるので、夜にアロマ足浴を行うなど、気を付けてご使用ください。

ベッド上でのアロマ足浴法
ベッド上では、足を曲げることが出来る方はベッドに防水シート、バスタオル(場合によってはフラットタイプのパッドを使用します)の上に背の低いフットバスを置き、介護者が足を支える方法があります。

また、洗面器の熱いお湯と精油を1滴入れたものにフェイスタオルを入れて絞り、対象者の足に巻き、ビニール袋をして濡れないようにし、フェイスタオルで覆うというやり方もあります。この場合ですと、あまり動くことができない方でも容易にアロマ足浴の代わりをすることができます。

おわりに
カンタンにできるアロマ足浴法をするだけでも、足のむくみや疲れを癒すことが出来ますので、是非取り入れて行ってみてくださいね。

岸秀之