認知症予防の食材


2025年には認知症患者数約700万人、65才以上の5人に1人が認知症に(厚生労働省推計)。でも、身近な食材や 話題の食材を使って毎日の食事を少し意識するだけで、脳の老化は防げるんです!

認知症は大きくとらえれば、老化現象のひとつ。誰でも年齢とともに緩やかに脳の機能は衰えていきます。日本老年精神医学会専門医として、長年、認知症患者の治療に従事する浴風会病院の精神科医・須貝佑一さんは、こう語る。

「ただ、脳の老化を遅らせることはできます。カロリーの摂りすぎや野菜不足、偏った食生活の影響が認知機能の低下を早めるという側面があるので、毎日の食生活を見直すことが、認知症予防の近道なのです」(須貝さん)

認知症予防の“食”は、4つの栄養成分がキーワード。でも難しく考える必要はありません。これらを摂り入れられる食材は、意外に身近なものばかり。毎日の食事で無理なく、バランスよく摂取していきましょう。

4つの栄養成分とは、「オメガ3」「抗酸化成分」「葉酸」「トリプトファン」。それらを含む食材を紹介してもらった。