花粉飛散量


本日、日本気象協会が来年春の花粉の飛散量が今年よりも多くなるとの予想を発表しました。

来年の春に飛ぶスギやヒノキなどの花粉の量は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で今年よりも多くなる

見通しとのことで、特に東京、神奈川、茨城、山梨や青森、岩手、宮城の東北3県と島根や高知では花粉の量が

今年の2倍になると予想されていました。

花粉の飛散量は夏の気候に大きく左右され、気温が高く、日が照って雨が少なかった地域では特に注意が必要

だそうです。

東京は今年の夏は雨が多かったので、来年の花粉の飛散量は少ないかと思っていましたが、まさかの2倍!!

花粉症歴25年の私にはテンションの下がるニュースでした。