脱水症状


関東地方は6月に梅雨明けし、連日30℃を超す真夏日が続いていますが、皆様、体調など崩されてないですか?この時期は毎年のことですが、熱中症や脱水症状にならないように、こまめな水分補給やエアコンの調整などで、しっかり体調管理をしていきましょうね。

先日、開催した認知症カフェで、もぐもぐクリニックの管理栄養士、江原 直美 先生より脱水症状を簡単にチェックできる方法を教えていただきました。①尿の色で判断できる。(尿の色が濃いときは脱水症状)②手の爪をギュッと握ったとき、爪の色がなかなか元に戻らない。③手の甲の皮膚を引っ張ったとき、なかなか元に戻らない。など自宅でも簡単に脱水症状のチェックが行えますので、特に高齢者の方や高齢者の介護をされている方は是非、覚えておいてください。ちなみに1日に必要な水分補給量は「自分の体重×25ml~40ml」だそうです。(体重60kgの方だと1.5L~2.4L)