師走


師走の語源には諸説があり、正確にはわかっていませんが有力視されている説があります。

僧とはお寺のお坊さんのことです。日本には昔から年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらい、お経を唱えてもらう風習がありました。

そのため、年末が近付くとあちこちから依頼がくるお坊さんは、東西を行ったり来たりと大忙しになります。

その様子を見て「師が馳せる」から師走になったという説です。

仕事をしていると、一年が早く感じますね。

皆さまも、体調を崩さない様にお身体をご自愛ください。