認知症カフェの需要が増えてきている今、厚生労働省では各都道府県や市町村の市役所に書類を提出すると補助金や助成金を受け取れるようにする仕組みを作りました。

ただしこれは市町村でもらえる額が異なります。また、補助費や助成金も無くなり次第、終了となります。

大体各市町村でもらえる補助費や助成金額は上限20万円~25万円です。

しかし満額もらえるわけではなく、申請用紙に年間の支出額などを書き、その額から国が支給額を決定するのでカフェによって補助をしてくれる金額が変わってくるわけです。

補助金や助成金に頼っていたら運営が出来なくなります。

 

 

 

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)

我が国における認知症の人の数は2012(平成24)年で約462万人、
65歳以上高齢者の約7人に1人と推計されている。正常と認知症との中間の状
態の軽度認知障害(MCI: Mild Cognitive Impairment)と推計される約400万人
と合わせると、65歳以上高齢者の約4人に1人が認知症の人又はその予備群と
も言われている。

認知症カフェとは?

府中事務局042-368-7877受付時間 8:30-17:30 [ 年末年始は除く ]

メールによるお問合せはこちら