高齢者の約4人に一人が認知症の方又は予備軍といわれ、今後高齢化等に伴いさらに認知症の方の増加が見込まれます。

当協会では認知症の方を「個々に支える」のではなく、認知症の方の意思が尊重され住み慣れた地域で生活が続けていけるように「地域で支える」事をひとつの目的としております。

「地域」を知り

「地域」で生活を続け

「地域」で支えあう

 その為に認知症カフェの開催(応援)、家族介護者の支援、必要な情報発信、地域で不足している資源の発掘、ボランティアや人材の育成を担い

 認知症や障害があっても住み慣れた地域で暮らし続けることができる社会を皆様と共に実現したいと思います。

是非ご協力ください。

一般社団法人 認知症カフェ協会

副理事長 渡邊 純

 

協会概要

府中事務局042-368-7877受付時間 8:30-17:30 [ 年末年始は除く ]

メールによるお問合せはこちら