認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。

つまり、後天的原因により生じる知能の障害である点で、知的障害(精神遅滞)とは異なるのです。 今日、認知症の診断に最も用いられる診断基準のひとつが、アメリカ精神医学会によるDSM-IVです。各種の認知症性疾患ごとにその定義は異なりますが、共通する診断基準には以下の4項目があります。

DSM-Ⅳによる認知症の診断基準

  • 多彩な認知欠損。記憶障害以外に、失語、失行、失認、遂行機能障害のうちのひとつ以上。
  • 認知欠損は、その各々が社会的または職業的機能の著しい障害を引き起こし、病前の機能水準から著しく低下している。
  • 認知欠損はせん妄の経過中にのみ現れるものではない。
  • 痴呆症状が、原因である一般身体疾患の直接的な結果であるという証拠が必要。

もっとも近年では、認知症早期診断の進歩により、こうした診断基準を満たす状態は、かなり進行した認知症であり、早期治療にはつながらないという意見があります。そこで、早期診断を可能にする新たな診断基準も作成されています。
認知症の原因としてはアルツハイマー病が最も多いとされますが、様々な疾患が認知症の原因になりえます。とくに、中枢神経系に病巣をもつ次の疾患が代表的です。

  • ピック病など前頭側頭型認知症は、記憶障害よりも性格・行動面の変化が目立ちます。
  • レビー小体型認知症は、アルツハイマー病とパーキンソン病の特徴を併せもつ疾患です。
  • 脳血管性認知症には様々なタイプがありますが、その診断には認知症状態・脳血管疾患の存在、認知症症状が現れることと脳血管障害発症の時間的関連性が必要となります。
  • 治りうる認知症、つまり可逆性認知症もあります。うつ病の仮性認知症と薬物惹起性の認知症様状態が有名です。
  • スピロヘータ、HIVウイルス、プリオンなどによる感染症が認知症の原因となることもあります。

ところで今日、軽度認知障害という用語がアルツハイマー病など認知症の前駆状態を意味する状態という意味で使われるようになっています。その代表がMild Cognitive Impairment(MCI)です。
この状態での診断が注目される背景には、新たな治療法開発にともなって認知症の早期診断が重要になったことがあります。前述のように従来の標準的な認知症の診断基準に示された項目を満たすようになった段階は、けっして早期とはいえないのです。そこで、認知症最初期の特徴を明らかにすることが必要になり、MCIが注目されるようになったのです。

認知症と家族、そして理解

認知症と家族、そして理解 家族や周囲はどうすればいいの? ~認知症を正しく理解し、さりげなく自然なサポート~ 認知症になる可能性は誰にでもあります。私たちと同様、...

詳しくはこちら

独りで介護・認知症と向き合わないで!

独りで介護・認知症と向き合わないで!   援助・介護はすべての知恵を使いみんなで行うもの!   介護と言うとすべて介護援助者が独りで行うケースが...

詳しくはこちら

認知症者への理解

認知症者への理解 本人が一番不安である 認知症が進行すると、家族の顔や名前が思い出せない。家に帰れない。日付や食事をとったことも思い出せなくなります。今までできていたこ...

詳しくはこちら

認知症ケア

認知症ケアはどのように行うの? ~介護者が理解し接することで大きく変わる~ ・認知症の方にとって、介護者の接し方が大変重要な役割を持っています。介護者が学び、理解するこ...

詳しくはこちら

認知症と診断されたら

認知症と診断されたら 早期診断、早期治療が大事なわけ 認知症はどうせ治らない病気だから医療機関に行っても仕方ないという人がいますが、これは誤った考えです。認知症についても早...

詳しくはこちら

認知症の治療方法は?

認知症の治療方法は? 現時点での認知症の治療薬とは、基本的にアルツハイマー病に対するものです。なお、脳血管障害の治療薬は多いのですが、脳血管性認知症自体を対象にする薬...

詳しくはこちら

認知症予防

認知症予防 認知症の予防を考える 最近では糖尿病や高血圧などの生活習慣病が認知症を発症するリスクを高めると報告されています。 糖尿病の人が認知症を発症する頻度が高...

詳しくはこちら

認知症セルフチェック

認知症セルフチェック 認知症の早期発見・診断・対応を進めるために 「自分でできる認知症の気づきチェックリスト」を作成しました 平成26年5月30日 福祉保健局 東京...

詳しくはこちら

認知症とは?

府中事務局042-368-7877受付時間 8:30-17:30 [ 年末年始は除く ]

メールによるお問合せはこちら