水分不足と認知症


認知症の方には工夫して水分補給をさせましょう

認知症や高齢者の方となると、水分補給するのを嫌がる人もいます。

そのために、脱水症状にならないようにするには、食事などで工夫して水分補給させないとなりません。

特に意識して1日の必要な分だけの水分を飲ませるようにこころがけないと、水分不足となり脱水症状になってしまいます。

脱水症状に気づく前に水分補給させましょう

脱水症状になってしまうと、どうしても認知症や高齢者の方は重症となり、病院に運ばれるケースも多いです。

そのような状態になってからでは遅いので、工夫してこまめに水分補給を行ない、脱水症状を予防するようにしましょう。

一般社団法人認知症カフェ協会では法人・個人会員・ボランティアの方も随時募集しております。

お気軽に「お問い合わせ」から、ご連絡下さい。

一般社団法人 認知症カフェ協会

土田 隼人

コメントを残す