人工知能を活用した回帰分析等による認知症の発症と進行状況の研究を始めました。


株式会社MOXIMO

株式会社きしメディカルサービス

一般社団法人認知症カフェ協会

 

上記、3法人により

人工知能を活用した回帰分析による認知症の発症と進行状況の把握に関する研究を始めました。

 

目的:認知症の発症と進行状況の把握を行う事で、いつ、どこで、どのようになど把握を行い、それら結果に対して

認知症が予防出来れば、社会保障費の抑制に繋げる。

 

コメントを残す